モンスターハンターシリーズの見た目装備とあと何かを延々と追い求めるblog

HN:buta


by butaou

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

about
MH3G
MH3G-装備(近接)
MH3G-装備(ガンナー)
MH4
MH4-装備(近接)
MH4-装備(ガンナー)

最新の記事

ケチャワチャ防具を使った業物..
at 2014-01-29 15:55
片手剣用状態異常&広域装備【..
at 2013-12-28 22:00
発掘キリン防具を使った三種ス..
at 2013-12-20 21:01
ベーシックな真打業物5スロス..
at 2013-12-13 17:43
匠業物を乗せた姫騎士風味な見..
at 2013-12-07 16:15

検索

タグ

人気ジャンル

記事ランキング

アクセスカウンター

ブログパーツ

ゲームソフト

外部リンク

画像一覧

スターライトゲート用匠覚醒属強装備【太刀】

b0289266_1444922.jpg

USJで先行配信され、先週末ようやく一般配信となった「USJ・ガノトトス3D」。
このイベントクエストで作成できるスターライトゲートが、性能・見た目ともに優秀なので、これを活かすべく専用の装備をこさえてみた。

発動スキル:回避性能+1/属性攻撃強化/斬れ味レベル+1/覚醒



スターライトゲートは攻撃力726、スロット3、斬れ味レベル+150、覚醒水属性420が付与と、かなりの高スペックを持つ太刀。
太刀の見た目がファンタジー風の神々しさを持ってるので、正統派の騎士タイプ(ベリオX一式とか)に担がせると恐ろしいほど似合うのだけれど、残念ながらこいつを運用するにはかなりとんがった装備にしないといけない。

スペックはこちら ▼

■女/剣士■ --- 頑シミュMH3G ver.0.9.1 ---
防御力 [415→528]/空きスロ [0]/武器スロ[3]
頭装備:ドーベルXキャップ [3]
胴装備:エスカドラXソウル [2]
腕装備:アーティアXアーム [2]
腰装備:ダマスクXコイル [2]
脚装備:アーティアXグリーヴ [1]
お守り:伝説の護石(匠+5) [1]
装飾品:回避珠【2】×3、属攻珠【3】×2、回避珠【1】、属攻珠【1】
耐性値:火[-8] 水[-5] 氷[11] 雷[-6] 龍[10] 計[2]

回避性能+1
属性攻撃強化
斬れ味レベル+1
覚醒


かつてない装備の組み合わせとなった今回。
足下のアーティアXは鉄板として、それを隠すためにダマスクX腰、属性攻撃強化を発動させるためのパーツとしてエスカドラX胴と、これまでにない組み合わせになった。
正統派の騎士風の見た目が作れないならその逆の、いわゆる敵として出て来そうな悪の親玉風の見た目にシフトチェンジ。
全体的にドレッシーなシルエットを意識したため、結果的にはそれなりの統一感が生まれたと思うので、悪くはないと思う。
頭装備を何にするか物凄く悩んだけれど、テイスト的に合いそうなのはドーベルXキャップかゴールドルナヘルムのどちらかしかなかった。
写真ではドーベルXキャップをチョイスしているけれど、ゴールドルナヘルムに変えた場合、ドーベルXキャップにつけていた装飾品をそのまま付け替えれば済むので、気分で変えてもいいかも知れない。
この装備、属性攻撃強化がついているので、ほかの覚醒属性武器にも使い回せる汎用装備なんじゃないか、と思ったけれど、属攻珠【3】をはめるための武器スロット3を要求されるので、ほかの武器で運用するには相当厳しい気がする。

それはそうとこのイベクエ「USJ・ガノトトス3D」、水中闘技場で金冠サイズのガノトトスを相手にしなければならないという、なかなかに鬼畜なクエスト。
ガノトトス自身も強化されており、水ブレスや強襲をまともにくらうと、ごっそり体力を持っていかれる。
水中特有の動きづらさ、金冠サイズによるカメラの分かりにくさ、周囲を泳ぐサメなど、さまざまな要因もあり、一筋縄ではいかないクエストとなっている。
1回目はマルチでやったもののブーイング続出でそれ以降やることはなく、その後改めてソロで狩ることに。
装備は以前紹介したレイジングテンペスト用装備
ただこの装備、防御やスキルの観点でいえばあまりガチ装備ではないため、結果としてかなり苦労した。
ガノトトスのガードできない攻撃に水ブレスがあるが、ガード前進で軸をずらすか、ガード強化をつけてガード可能にするか、かなり悩んだ。
また、2chのイベントクエスト攻略スレでは毒が最適解ともされていたので、レイジングテンペストでいくかそれともルーンネブラでいくかかなり悩み、ルーンネブラで行こうと決めたものの最終強化までの素材がなく、結局レイジングテンペストで攻略することに…。

ガノトトスに対してランスは鉄板ともいえるべき相性の良さだけども、そのサイズゆえに納刀中に被弾したり、攻撃の範囲外にステップで出られないなど、かなり四苦八苦。
特に突進は見た目以上に横方向に当たり判定が大きく、歩いてかわせるだろうと思ったらヒレに当たるといったことが多々あった。
また、サイズが大きいため強襲の範囲もかなり広がっており、ランスの鈍さでは移動して回避がかなり困難。
ガード性能+2があればなぁ…と思う場面が何度あったことやら。
とはいえ所詮ガノトトスでしかないので、セオリーである2回攻撃して様子見を徹底。
攻撃がたたき込めそうならば追撃し、尻尾振りやその他の攻撃の予兆が見えたらすぐさまカウンターに備える。
これを繰り返し、ちまちまと攻撃していくことで、何とか攻略することができた。

エスカドラXの胴は胸元が大胆な開き具合になっており、いやがおうにもその胸元が強調されるセクシーな防具。
いやらしいというわけではなくイブニングドレス風な気品さがあるので、個人的にはかなり好きな防具のひとつ。
[PR]
Web拍手
by butaou | 2012-11-26 13:47 | MH3G-装備(近接)